2017/06/29

June 29, 2017

日本人としてできることを考えなきゃいけない。

 

何がつくれるのか?何をつくるべきなのか?

 

池田学さんの展示を見て、しばらく経つが、

 

今でさえまだ手が進まない。

 

 

一体何人ものアーティストが、あの巨大な木の下で途方に暮れたのだろう。

 

あそこまでされたら、僕らは一体何を作ればいいというのだろう。

 

 

「自分にしかできないことを作ればいい。」

 

そんなことはわかっているけど、本当の意味で自分にしかできなことに向かい合うことは、

 

途方もなくつらい。

 

 

自分ができることをする。ということは、裏を返せば「できない自分と向き合う」ということだ。

 

そして永遠に答えのない「すべきこと、できること」に自問し続ける。

 

何十年も、何かを作り続けているアーティストは、化け物だ。

 

 

そしてその葛藤の中でしか、人の心を揺さぶるものはなかなか生まれない。

 

学さんは「日本人でありながら当事者ではない自分」との葛藤の中、一年をかけて瓦礫を描き続けた。

 

そんなことできるのは、彼だけだろう。

 

 

 

僕は何を作ればいいのだろう?僕は何を作らなければいけないのだろう。ではなくて、

 

「僕には何が作れるのだろう。」

 

 

 

 

Please reload

最新記事

May 21, 2019

September 22, 2018

June 29, 2017

June 26, 2017

May 12, 2017

Please reload

Please reload

アーカイブ
© 2016 AKISHI UEDA All Rights Reserved.
  • Twitter Metallic
  • s-facebook