ある王さまのための物語

隣の奴が言った。

「ついにだ。ついに。僕らの番だよ。」

もうしばらく喋ることも忘れていた私は、それが私に向けられた言葉でないことがわかるとまた目を閉じた。

「待ちに待った日だ。こんな暗いところとはおさらばさ。」

彼の言う通り、ここは本当に暗かった。

あまりの暗さに、私は自分の体や声すらもなくなったように思えたし、

ここはどこなのか最後に考えた日も忘れてしまった。

そしてここにいることの目的も、私は誰なのかすら思い出せなかった。

そんなことを夢うつつに思っていると、さきほどの隣人だろうか。悲鳴ともに似つかない、羽虫が目指すべき光源を見つけたような声で、あっと鳴いた。

同時に、世界が光った。あまりの眩しさに私はきつく目を閉じた。

その光は私が星だったことを思い出させた。

瞼が熱いのがわかる。

ここは、星たちが最後に行き着く場所。

私は、誰かの星だった。

気づけば、私は光るか細い手の中にいた。巣から落ちた雛鳥を慰めるような、慈愛に満ちた手だった。

そっとその手が引き戻され、光の主の顔が見えた。

彼はふうっと私に息を吹きかける。

その瞬間、私は自分が誰の星だったか思い出すことができた。

共に歩んできた時間も、その時の空気の匂いも。

私は自分の体が徐々に消えていくのがわかった。

私はあの時、確かに居たんだよ。

あの子は、元気かな。

どうか新しい星を、見つけていますように。

© 2016 AKISHI UEDA All Rights Reserved.
  • Twitter Metallic
  • s-facebook