レコード型タイムマシンについての考察

記憶はレコードのようだ。

それごとに浅い溝がついていて、針でなぞりながら音を出す。

記憶をもし内側から取り出したら、きっといろいろな溝があるだろう。

きっとそれはちょうど色あせた内臓のようなものだ。軽く、古い紙でできているようだ。

線だったり、点を紡いだもの、ぼこぼこしていたりしていて、幾種もの質感がそこには存在している。

記憶を再生するときは、針の代わりに光でぼやけた指を使う。

ぼやけたその指は、針よりも危うく、微かな温もりをもって溝をなぞっていく。

それは音と同じく、そこに溝(質感)がなければ存在することはない。

溝とは、何かが爆発してできた跡だ。経験とは、その爆発だろうか。

自分がまき散らしてきた生き様だろうか。

© 2016 AKISHI UEDA All Rights Reserved.
  • Twitter Metallic
  • s-facebook