ネイティヴ・チルドレン

個展「NATIVE CHILDREN」が終わりました。

沢山のみんなに遊びにきて頂きました。本当に、ありがとうございました。

春の終わりから準備をしてきた展示が、終わった時にはすでに冬の始まりとなりました。


今回、とにかくみんなの顔を思い浮かべながら制作し続けたんだよ。

絶対みんなが来てくれると思ったから頑張れました。

作品も展示も、ひとつづつでは成り立たないんです。観てくれるみんながいるから初めて静かに息をし始めます。


本当にみんなには感謝してもしきれません。

会期中は出会いと再会の連続で、最高に楽しくて、

直接お話させてもらった時の嬉しい言葉や、沢山の「行ったよ!」、「よかったよ!」という投稿もひとつのこらず全部見させてもらってます。(エゴサも駆使し)

嬉しすぎるよね。もう、僕がみんなに何をできるのかわかんないもん。


おこがましいことかもしれないけど、みんなのために何かしたいんです。

作り続けることがそうなのかもしれない、けど、それじゃまだ僕のほうが足りないんです。

まだ駆け出しのころは、自分のためだけに作っていればいいと思っていたけど、3年くらい前から、誰かのために作りたい、と思うようになりました。

それは自分が作りたいものを押し殺すという意味ではなくて。みんなと対等な関係でありたいという思いから。


そう思えるようになったのはみんなが、これまでに遊びにきてくれたり、感想を伝えてくれたり、応援してくれたから。

みんなは覚えてないかもだし、応援している自覚もないかもしれないけど、僕にとってはかけがえのないほど、力になってるんだよ。

皮肉なことに、この今の大変な時だからこそ、さらに濃く深く気づけました。


さて、今回の個展「NATIVE CHILDREN」はどうでしたか?

楽しかったかな?僕は最高に楽しかったです。自分だけ楽しくても仕方ないので、また会えときに感想を教えて下さい。

僕が表現したかったことはもちろんあるんですが、みんなはどんな印象を受けたかな?

何を感じましたか?


そういえば20代最後の個展でした。20代走り抜けました。みんなのおかげで7回の個展を開催することができました。ほんとにありがとう。

しばらく2、3年は日本で個展がないですが、グループ展やイベントはあるのでまた遊びにきてくれると嬉しいな。


改めて、来てくれた方、お迎えしてくれた方、尽力してくれたHOW HOUSEのみんな、BGMを作ってくれた4msec.さん、応援してくれた方、関わってくれた全ての方、本当にありがとうございました。

今は本当に大変な時だけど、頑張れなんていえないけれど、それでも一緒に頑張ってけたらいいよね。

またみんなに会える日を本当に楽しみにしています。


今回の作品たちが、みんなの命のひとかけらになりますように。


植田明志




・・


・・・・


・・・・・







・・・・・・今回の個展限定ソフビは「スペースネイティヴ ネイティヴチルドレンカラー」でした。いちごは今回の個展のひとつのキーアイテム。

会期折り返しくらいで全てなくなってしまいました。。すみません!次の限定ソフビをお楽しみに!




またね。


© 2016 AKISHI UEDA All Rights Reserved.
  • Twitter Metallic
  • s-facebook